--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-20

本番まで18日・・・・。

おはよう・・・・・。
やっと、先週のゴルフの疲れが取れてきた。
寒さと雨のための冷え・・・・・。
ゴルフってスポーツやったと思うけど・・・身体にはあまり良くない思う。
運動不足の人には、キツイ話や。
やっと復活や。
昨日は、午後から石炭倉庫で稽古やった。
もう、いうてもあと18日で本番やもんな。
昨日の稽古、欠席が6人ほどおったかな・・・・。
俺も役に入っていかなあかん。
序幕から始まる・・・・。
年老いたフォアン・ユーヘン(俺)が手紙を読みながら今までの人生を思い出す・・・・・。
そう、あの若かりし時代に共に闘った同志たちの事を・・・・・。
いよいよ始まりの歌が・・・・・。
堂々と歌い切らないといけない“花火”。
そして列車の音と共に“列車の響き”・・・・。
アグネス・スメドレーが列車から降りてきて民衆たちの視線を浴びる・・・・。
何かを変えてくれるのかという期待と何が出来るんだという諦めの視線で・・・・・。
スメドレーの新聞記者としての記事がイギリス警察を怒らし、逮捕される。
表面的には、ヨーロッパ的で華やかに見える上海だが裏では貧しい世界が・・・・・。
法律など何の役にも立たない上海という街・・・・。
権力者がすべての力となって街を牛耳る。
そのスメドレーに面会に行くフォアン・ユーヘン。
立場を偽り、スメドレーの本心を・・・・・。
そこに拷問を受けて倒れ込んでくる“インチェン”。
スメドレーが抱えインチェンの最後の言葉を・・・「姉に力を」・・・。
死んでいくインチェン・・・。
そこに駈け寄るフォアン(俺)・・・抱きかかえながら心の中で「・・・助けれなくてスマナイ・・・」と。
立場を明かせられない状況の中での心の葛藤を描く。
アグネス・スメドレーは、ペンを武器に・・・・・。
そして民衆は、影の兵士となって・・・・・。
自分たちの自由な国にするために・・・・・・。
昨日の稽古では、感情が入りすぎて目から熱きものが流れたよ。
あと十数日の稽古の中で最高の状態にできるようにならなあかん。
今の時代だからこそ、感じてもらいたい。
何度もこの上海1930のことは書くけど・・・きっとたくさんの人が観に来てくれるやろう。
そしてたくさんの感動を感じてもらいたい。
感じれる心があるということは、人の心を感じれる。
人の心を感じれれば、きっと誰かを幸せに出来ると思う。
みんなが幸せになれれば、凶悪な犯罪やいじめなんかも減るんちゃうかなって。
このままだと第三次世界大戦になりかねないって言われてる。
そうなったら恐ろしい毎日が待ってるんやで。
そうなる前に人として感謝できる心にならな。
少しの優しさが地球を救うかもよ・・・・!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

心音レコード  児嶋 伸司

Author:心音レコード 児嶋 伸司


心音レコード 

児嶋 伸司(こじま しんじ)

URL : http://syn-on.net/

心音レコード・リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
魂 第一章 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
昭和 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
アクセスカウンター
アクセス集計してます
おすすめ情報
厳選アイテム
ホームシアターチェアー アイボリー N0353A

ホームシアターチ…

¥47,250(税込)


楽天証券 資産運用
楽天 おすすめ情報
国内航空券
Amazonで買い物
携帯電話 QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:昭和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。