--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-09

勇士の下に我らあり・・・・・。

おはよう・・・・。
今日は、無声映画大会の本番。
一年ぶりの弁士役。
この弁士ちゅうんが、結構むずかしいやわ。
何でかちゅうたら映像に合わせて喋らなあかん。
喋るだけやったらええけど、雰囲気やひとり何役もするんで声変えたり・・・・。
なんせ、セリフで映像を立体的にせなあかん。
表現方法が非常に難しいってとこかな。
恥ずかしそうに喋ってもあかんし、声が小さいのもあかん。
映像の中にいるチャップリンやキートンに成りきって表現できんとな。
三人ぐらいでやる分もあってそれはまだ、楽やねん。
ただキツイんは、一人ですべてをこなさなあかんやつもある。
結構体力いるよ。
如何に楽しんでもらうか・・・そこが一番問題や。
楽しんでもらえればどんな状態でもOKちゅうやつ。
少しの笑いになるか、たくさんの笑いになるか・・・・。
これは、来てのお楽しみ・・・・。

さてさて昨日は、久しぶりに他所の舞台を観に行った。
“爺さんの空”っていう舞台。
劇団アルファー・・・。
昔の劇団あすなろが2000年に劇団アルファーに変わったらしい。
一心寺シアター倶楽で・・・結構良いシアターやった。
元特攻隊員のお爺さんが戦争中に世話になった旅館の大女将の危篤の知らせを聞いて
九州に向かう。
爺さんの身体を気遣い「一人では行かせれない」と息子夫婦に反対されるが一緒に行くと
買って出たのが厄介者の孫やった。
特攻隊員として過ごした鹿児島 鹿屋の地・・・。
昔の面影を残す旅館・・・走馬灯のように当時の出来事が蘇る。
特攻隊員として若き命をお国のためにと捧げていった隊員たちの複雑な心をしっかりと
表現されてた。
初めて聞く祖父の過去・・・やがて厄介者の孫の心を動かすことになる。
あの忌まわしい戦争の中で、一日一日が大切に表現されてる。
隊員たちに会いに来る家族・・・大好きなおはぎを持って。
泣き崩れるお母さん・・・歯を食いしばる父親・・・。
その父の身体を気遣う息子・・・数日で特攻隊として我が命を捧げる身で。
まるで俺の身体に戦争で亡くなった勇士たちがのり移ったかのように・・・。
俺の目から涙が止まれへんかった。
舞台の上に溢れんばかりの当時の勇士たちが居るかのように・・・・。
今の平和がその勇士たちの下にあることを忘れてはいけないと思う。
素晴らしい舞台を見せてもらった・・・。
役者さんたちも当時の若者に成りきってたと思う。
特攻隊員にな・・・・。
みんな舞台の上で涙を流してた。
戦争がいいわけではない・・・。
そやけど、今の時代も戦争みたいなもんや。
欲望のな。
亡くなっていった勇士たちは、心の薄い日本にしたかったんやろうか・・・。
いや、そうやないよ。
もっと心が暖かい幸せな日本になってもらいたかったんちゃうやろうか・・・?
なんかそう思う。
人の心を踏みにじるような社会は、絶対あかんで・・・。
忘れるなって思う。
心多き勇士たちの下に我らあり・・・!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

心音レコード  児嶋 伸司

Author:心音レコード 児嶋 伸司


心音レコード 

児嶋 伸司(こじま しんじ)

URL : http://syn-on.net/

心音レコード・リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
魂 第一章 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
昭和 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
アクセスカウンター
アクセス集計してます
おすすめ情報
厳選アイテム
ホームシアターチェアー アイボリー N0353A

ホームシアターチ…

¥47,250(税込)


楽天証券 資産運用
楽天 おすすめ情報
国内航空券
Amazonで買い物
携帯電話 QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:昭和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。