--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-22

鹿児島Ⅱ・・・。

おはよう・・・。
今日は、朝から寂しい感じの雨や・・・・。
さて、昨日の続きを話してみよう・・・。
・・・・富屋食堂・・・・。
知覧特攻平和会館から2キロほど行くと富屋食堂がある。
今は、店の前はアスファルトの道路になり、周りに沢山の建物がある。
俺は、富屋食堂の前に立った瞬間にタイムスリップしたかのように
食堂の中に吸い込まれていった。
大きくはない建物やけどその食堂に込められた思い・・・。
計り知れない。
その当時を到底知ることのない者にも伝えようとする思いがひしひしと
感じられる。
「鳥浜トメさん」特攻隊の母として慕われた方であり、食堂の女将でもある。
自分の人生をかけて特攻で亡くなっていった若者達の思いや姿を
伝えてこられた。
韓国人でありながら日本兵として戦われた若者・・・。
出撃前に家族に会えない中で女将に
「おばちゃん、お母さんと呼んでいいですか?」
と、涙を流しながら“アリラン”を歌い我が家族にお別れした勇士。
明朝出撃する若者で「明日行ってきますが、また帰ってきます」
「出撃してどうして帰ってこれるの?」
と聞かれ、・・・・
「明日、夜9時に自分は“ホタル”になって帰ってきます」
「そのホタルを決して追い払わないでください自分ですから」と。
翌日、本当に夜9時に“ホタル”が食堂の天井に止まったそうや。
そして同期の桜を皆で歌ったそうや。
俺は、涙が止まらなかった。
この場所にあの特攻で亡くなられた若者達の魂が感じられる。
そして「俺たちは、命を賭けてこの日本を守ろうとしたんや、よろしく・・・。」
そんな声が聞こえてくるように感じた。
俺は、この感じた魂を帰りの飛行機の中で綴った。
どれだけ伝えれるか解からないが、歌い伝えようと思う。
来年、鹿児島でのライブ・・・。
そのライブで歌おうと思う。
魂の伝道師として・・・・!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

心音レコード  児嶋 伸司

Author:心音レコード 児嶋 伸司


心音レコード 

児嶋 伸司(こじま しんじ)

URL : http://syn-on.net/

心音レコード・リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
魂 第一章 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
昭和 CDを購入する
ShinjiKojima-1st
アクセスカウンター
アクセス集計してます
おすすめ情報
厳選アイテム
ホームシアターチェアー アイボリー N0353A

ホームシアターチ…

¥47,250(税込)


楽天証券 資産運用
楽天 おすすめ情報
国内航空券
Amazonで買い物
携帯電話 QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:昭和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。